運転免許ガイド

運転免許ガイド - 大型・特殊・牽引の免許

大型・特殊・牽引の免許

普通自動車よりも大きい四輪車を運転する場合に必要な「中型自動車免許」、さらに大きな四輪車を運転する際に必要な「大型自動車免許」があります。その他に、カタピラを有する主に建設工事や農作業に費用な運転免許である「大型特殊自動車免許」「小型特殊自動車免許」や、けん引する際にけん引くされる側の車両の重量によって必要になる「けん引」免許があります。

中型自動車免許

中型自動車免許は、普通自動車よりも大きい自動車に乗る場合に必要な免許で、マイクロバスをはじめとした様々な四輪車を運転することができます。
また、2007年に施行された法律により区分が変更となりました。2007年以前に普通自動車免許を取得した人は8t限定免許に資格があります。

8t限定免許で運転出来る自動車。

  • 定員10人以下
  • 車両総重量8t未満
  • 最大積載量5t未満

中型自動車免許で運転できる自動車

  • 定員29人以下
  • 車両総重量11t未満
  • 最大積載量6.5t未満

大型自動車免許

街中を走っている2tトラックや4トラックは、実際は普通免許で運転できますが、積載量が6.5t以上の場合にはこの大型自動車免許が必要です。

大型特殊自動車免許

カタピラのある、建設工事や農作業に用いる特殊自動車のうち、小型特殊自動車に当てはまらない自動車を運転するにはこの免許が必要です。

小型特殊自動車免許

特殊自動車のうち特殊小型自動車の条件に当てはまるものを運転できます。しかし、原付免許以外の免許であれば全ての免許で小型特殊自動車を運転できてしまいます。

特殊自動車のうち、下記の条件に当てはまるものが小型特殊自動車です。

  • 長さ4.70メートル以下
  • 幅1.70メートル以下
  • 高さ2.00メートル以下

けん引免許

トラクターなどで牽引する車両の総重量が、750kgを超えるものをけん引くして運転する際にはこの免許が必要です。