運転免許ガイド

運転免許ガイド - 自動車の運転免許の種類を解説

日本で、車やバイクなど自動車を運転するには運転免許が必要です。このサイトでは、日本の運転免許の区分を紹介していきます。

意外と知らない?日本の運転免許

運転免許は、車の種類・車の大きさ(重さ、人数)・目的によって区分されています。普段の生活の中で、車を乗るために必要な「免許」は「第一種運転免許」の中の「普通自動車免許」を指しています。その他にも日本では様々な種類の運転免許があり、免許によってどの自動車に乗れるのか、どのような目的で利用できるかが決まっています。

四輪車・二輪車・特殊自動車など「種類による違い」や、普通車・中型車・大型車など「大きさによる違い」、第一種・第二種など「目的による違い」など運転免許の種類、区分を紹介します。

運転免許の種類ごとに詳しく解説

  • 第一種・第二種運転免許

    生活の中で免許というと「第一種運転免許」を指していますが、目的によっては「第二種運転免許」が必要になります。それぞれの免許でできること、種類について紹介します。

  • 普通車AT・MTの免許

    乗用車を運転するには、この普通自動車免許が必要です。MT(マニュアル)の免許が基本ですが、近年ではAT車が普及しており、AT限定の免許を取得する人が増えています。

  • 二輪(中型・大型・AT・MT)・原付の免許

    バイクを運転するには中型・大型の二輪運転免許が必要です。大きさによる違いやAT限定免許について紹介します。原付についてもこのページで紹介します。

  • 大型・特殊・牽引の免許

    トラックなどの大型車、作業機などを取り付けた特殊自動車、トレーラーなどで大きな車両と連結して走行する場合に必要なけん引免許について紹介します。