運転免許ガイド

運転免許ガイド - 第一種・第二種運転免許

一種免許、二種免許?目的による運転免許の違い

普段生活する中で気にする機会は少なく、免許というと「第一種運転免許」を指していますが、運転する目的によっては「第二種運転免許」が必要になります。それぞれの免許でできること、種類について紹介します。

第一種運転免許

自動車や原動機付自転車を買い物、ドライブ、旅行など通常の目的で利用する場合や、報酬を得る場合であっても運搬するなどの場合にはこの第一種運転免許を持っていれば運転することができます。

タクシーやバスなど、人を乗せて報酬を得る場合には第二種運転免許が必要となります。タクシーやバスなどの旅客自動車でも、車を移動させたり、パレード行列で運転するなどの報酬を得ない目的の場合には、第一種運転免許のみで運転することができます。

第一種運転免許は車の種類、車の大きさによってさらに区分されます。

  • 大型自動車免許
  • 中型自動車免許
  • 普通自動車免許
  • 大型特殊自動車免許
  • 大型自動二輪車免許
  • 普通自動二輪車免許
  • 小型特殊自動車免許
  • 原動機付自転車免許
  • けん引免許

第二種運転免許

第二種運転免許では、バスやタクシーなど人を乗せて報酬を得るために運転をすることができます。また、業務として運転代行を行う場合にも必要です。

第二種運転免許は、客として人を乗せるため第一種運転免許を持っていることなどが受験資格となっています。

第二種運転免許は車の種類大きさによってさらに区分されます。

  • 大型自動車第二種免許
  • 中型自動車第二種免許
  • 普通自動車第二種免許
  • 大型特殊自動車第二種免許
  • けん引第二種免許